糖尿病食宅配の注文と冷蔵・冷凍品の選び方

糖尿病食宅配利用の前に

糖尿病食の宅配を注文するにあたり、その宅配業者で糖尿病食を取り扱っているか確認してからの注文が必要です。また、どこでも対応できる全国発送に対応している所と、冷蔵のみの対応で配達を行っている業者もいます。冷蔵で宅配を行う業者の場合は、注文できる地域か確認しましょう。詳しい注文の手順を知っていると、よりスムーズです。

糖尿病食宅配を利用する流れ

相談・注文

電話・FAX・メール・インターネットからサイトの注文フォームを利用して、相談・注文ができます。注文時にはアレルギーの有無や食事の内容など相談して注文したほうが良いでしょう。電話の場合は口頭で、FAXやメール・注文フォームでは備考欄や用意された欄に、アレルギーなどで食べられないものについて記載しておくと安心です。

宅配店・お届け先の確認

冷蔵の品の場合は最寄り店からのお届けがあるので、近い場所に店舗があるのか対応できるのかを確認します。冷凍品の場合は、お届け先・住所を確認して発送するので郵便番号からの住所、連絡先を間違いないように伝えるようにしましょう。

説明

受け取る際の注意や、発送についての事前確認など必要な説明を行います。返品・返却や相談先、発送や契約内容・注文内容についての確認も行われるので、聞き逃さないように不明点は入念に確認して了承します。

契約・支払い

定期便の場合は契約、都度注文をする場合は注文の支払いや支払い方法についての説明を受けます。契約・支払い説明が完了すると発送や配達手続きが行われます。定期便で断続利用の場合は、クレジットカードや支払い方法などの登録や受け取り時間などの手続きが必要になります。

発送・お届け

最寄り店から依頼した日程で配達・発送が行われます。届いたら冷凍品はレンジ調理、冷蔵品はその手順に従って温めてから食べることができます。定期便の場合は何セットかまとめて届くので冷凍の場合は冷凍保存など、その日に食べない分は保存方法に従って保存しましょう。

糖尿病食宅配の注文と冷蔵・冷凍品の選び方

人形

糖尿病冷凍品のメリット

便利な糖尿病食の宅配サービスですが、病食の宅配には冷凍と冷蔵タイプがあります。冷凍の場合は数とメニューを選んで注文、発送されて届くのを待ちます。冷凍保存ができるので長期保存が可能です。多くの病食宅配業者がこの方法を取っていて、大体の地域に届けることができます。最寄りに店舗がない場合にも対応できる全国発送の業者も多くあります。もし、遠い地域から注文するときには冷凍品のものを注文すると衛生面で心配ないでしょう。

糖尿病食冷蔵品のメリット

最寄りに配達可能な店舗がある場合が多く、全国的な展開をしているチェーン店などに見られる方法です。冷蔵保存なので冷凍に比べると日持ちはしませんが、3食など1日に必要な食事を一度に注文できるのでトータルバランスでの食事プランや、制限の幅を選ぶことができるなどのメリットがあります。

病食宅配を利用するメリットまとめ

食生活改善が重要となる糖尿病では、食事の献立を考えることや食品・調味料への注意をすることにかなり気を遣います。しかし、それらをしなくても済むということは病食宅配を利用するのに大きなメリットになるでしょう。さらに献立作成・献立のカロリー計算などの時間と調理・片付けの手間を大幅削減できるのも魅力です。上手に取り入れて快適な闘病生活を行いましょう。

広告募集中