男の人

会社の経理作業は専門業者に頼もう【業者の選ぶときのコツとは】

営業部署では必須

男性と女性

営業の仕事の効率化を実現

営業部署において案件管理は今後の受注情報を集約するうえで重要な意味を持っています。最近は会社のシステム化が進んでいることもあり、案件管理もシステム化されています。システム化することによるメリットは、案件情報が誰でも簡単にリアルタイムで閲覧することができることです。誰がいつどのタイミングどのような要件で訪問したのかを一元管理することができます。営業マンは営業日報などを記入する習慣があります。これはどのような営業活動をしたのか、報告するとともに、記録として残すために利用されています。これが案件管理のシステムに変えることで効率的な営業活動を実現させることができます。社内的なシステムであるため、受注後には、制作や企画などの引継ぎ部門に連携することも簡単になります。受注後は経理に情報を連携することも必要ですが、案件管理からこれらを一元的に連携することも可能になります。案件管理システムを新規で導入する場合、その仕様には工夫が必要になります。手書きで書く欄を多くするとそれだけで工数になります。できる限り選択肢から選ぶような仕様にすることで記入しやすくなります。もちろんコメントは独自に記入できるようにすることでどのような情報も残すことができます。また、検索性にも優れます。かつての成功事例をもとに新しい営業戦略を立てる場合なども効率的に過去案件を探すことができるようになります。案件管理は、仕事の効率化を実現させることができるのです。