男の人

会社の経理作業は専門業者に頼もう【業者の選ぶときのコツとは】

新規営業を一括外注

通話

コール数に応じた料金

企業を顧客に持つサービスを展開する企業も、個人を顧客に持つサービスも、売り上げをあげるためには新たな顧客を見つける事が重要です。しかし、競合他社がひしめき合うマーケット、そして自社の営業スタッフの数だけでは人員の点からもなかなか新規で営業を行う事は簡単ではないでしょう。そこで外注サービスとして活用可能なのが、電話代行であり、新規営業の電話をひたすらかけてくれます。主にコール数に応じて料金が発生しますので、企業側でまずは電話番号を取得する必要があります。まだ顧客ではない個人や企業の連絡先も、外部に委託する事で簡単に入手出来ますので、自社の人員は全く必要ありません。外部から手に入れた連絡先へ電話代行からひたすら電話してもらい、簡単なサービスや商品の紹介をし、少しでも興味を持つ人がいた場合に、自社の営業スタッフを送り込む事で商談に結びつくでしょう。つまり電話代行会社がひたすら電話をした結果、商談のアポイントを取ってくれます。自社のスタッフはここで初めて登場しますが、電話を受けた人はまさか電話代行から連絡が来ているとは思いもしないでしょう。電話代行を利用するメリットは、新規営業のために新たに営業スタッフを増員する必要が無く、自社の人員を使う必要もありません。コストの面からも、新たに人員を採用するコストと比較しても安く、かつ効果的な営業活動が実現出来ます。また、自社負担を減らすことが出来る点も電話代行の魅力です。電話代行サービスを利用することで、企業にとって大切な各種電話対応を代行してくれます。電話を代わりに受けるという目線での電話代行サービス利用はコールセンターとしての役割を担うことができます。業務の幅を広げることができるのです。