病食宅配サービスとは

腎臓病や糖尿病を患うと食事に制限が付きます。塩分・たんぱく質・糖質などの摂取量が定められるため、調味料の配分や調理する食材などに気を配らなければなりません。また、栄養バランスの良い献立をその制限がある状態で考えるのも難しいものです。高齢者の場合、食べて飲み込む機能が低下する嚥下障害を起こしていることもあり、栄養面だけでなく食べやすさや飲み込みやすさを考える必要が出てきます。そうした病気に対応して適切なバランスで調理した料理を宅配で家に届けてくれるのが、病食の宅配サービスです。腎臓病や糖尿病を患うと食事に制限が付きます。塩分・たんぱく質・糖質などの摂取量が定められるため、調味料の配分や調理する食材などに気を配らなければなりません。また、栄養バランスの良い献立をその制限がある状態で考えるのも難しいものです。それを適切なバランスで調理した料理を、宅配で家に届けてくれるのが病食の宅配サービスです。

宅配依頼のメリット

調味料など既製品の材料や配合に注意が要らない

調味料や既製品の食べ物には、様々な材料が使われています。その中には弱った腎臓にとって負担になる材料や、血糖値を大きく変動させるものが入っていることがあります。しかし、その配合や一つ一つの材料に逐一気を付けないといけないのは結構なストレスになります。宅配の腎臓病食や糖尿病食などは、すでに必要な栄養素・バランス、塩分や糖分などもしっかり配分されているメニューが届きます。

食材の調達が不要になる

普段使いなれない食材を余らせてしまったり、献立のたびに必要な食材を調達・管理する必要がなくなります。また仕事の後に買い出しに行ったり、バランスの良い献立を考えずにも済みます。宅配を受け取るだけなので、今まで食材にかけていたコストや時間が自由に使えるようになります。

調理の手間が減る

献立やメニューが多いと作るのにも時間と手間、技術が必要になります。料理を苦手とする人や、一人暮らしで調理が難しい人などにとって料理をしなくて済むというのは大変助かることですね。また、子育て中など忙しい時にも宅配で食事を運んできてもらえるので、調理の時間を他の時間に充てることができます。

手間減らして家族みんな笑顔に!腎臓病食の宅配を依頼しよう

食事

病食の宅配を依頼する

病食の宅配サービスを利用するメリットとしては、材料調達・献立作成・調理の手間を省くことができます。また、腎臓病食などの調理負担が減ることでその分の時間やコストを別の所に割くことが可能です。こうした病食宅配サービスを活用することで、大変な看病や食事管理の負担を大幅に削減できます。

時間や食事を作る体力面を考える

腎臓病を患っている家族を看護するのは、思っている以上に大変です。看護する側は腎臓病を悪化させないよう毎日の献立を考えて買い物をし、配分に注意を払いながら調理をするので、食事だけでも一苦労。献立の思案時間・材料の買い出し・調理・後片付けは、専業主婦・主夫にとっても働きに出ている人にとっても大きな時間と体力の負担でしょう。病食宅配サービスを利用するとコストがかかりますが、これらにかかる時間や労力の負担を軽減できます。

精神的余裕が生まれる

宅配サービスを利用するメリットのサブ効果としては、時間と体力の温存ができます。時間と体力を温存することができると、腎臓病患者の家族にも精神に余裕が生まれます。ストレスや看護疲れなど、疲弊すると精神的に追い詰められてしまいます。しかし、サービスの利用で休む時間・体力を回復させる時間が確保できるので、精神的にも肉体的にも負担が軽減されていくのです。

病食宅配サービスでよくある質問

宅配時間指定はできますか?

基本的に宅配日時の指定になります。宅配サービス業者が利用している業者や依頼フォームによっては、受け取りする時間帯を選択することができます。

宅配は1食からも可能ですか?

1食から可能な業者もあります。1週間に3回だけ注文するなど、配達する日時や数を設定して注文が可能です。

届いたものはそのまま食べることができますか?

冷凍品なので、電子レンジでの調理が必要です。電子レンジで温めてから食べるようにしましょう。

全国どこでも届けられますか?

インターネットから注文を受けて全国発送を行っている業者があります。地域から対応できる業者を探す病食宅配のサイトなどもあるので、参考にして利用する業者を決めても良いでしょう。

値段の相場はいくらでしょうか?

病食の種類にもよりますが、大体1食650円前後、定期便4,000円~4,500円などセット販売・まとめ買いなどで単価が安くなる業者もいます。

広告募集中